修繕工事中のマンション

マンション大規模修繕工事のコストを下げるブランコ工法

修繕作業員

近年マンション大規模修繕工事において注目されているのがブランコ工法です。簡単に言ってしまうと専用のロープを使い、屋上からぶら下がって行う工法ですね。もうおわかりでしょうが、この工法なら足場の必要が無いんです。マンション大規模修繕工事において実に多くのコストがかかっていた足場の必要が無くなったことにより、多くのコストをカットすることが出来るんです。
足場の必要が無ければ組む時間と撤去する時間を考えなくても良いので、工事自体の日程も短くなりますね。日程が短くなればその分人件費がぐっと減るので全体的な支払額が下がるだけではなく、入居者にストレスがかかりにくいというメリットがあります。マンション大規模修繕工事は仕方ないことだとわかっていても、長期間続けば騒音などでストレスがかかってしまいます。その点ブランコ工法はマンションに住んでいる方にも優しい工法ですね。
もちろんこの工法は全ての業者が行っているわけではないので専門業者へ依頼することになります。もちろん無料で見積もりを出してもらえますので、事前に相談をしておきましょう。近年は人気があるため、早めに予約を入れた方が希望する日程で修繕工事を行いやすくなりますよ。今後修繕工事を検討している方はぜひチェックしてみてください。

標準的なマンション大規模修繕工事の施工プラン

永住を考えて分譲マンションを買った居住者は、建物の維持管理にも積極的に関わっています。そのために最近では管理組合の会合に積極的に参加する人も多く、特に修繕工事について繰り返し話し合いが行われています。そして建築されてから10年後を目安に、マンション大規模修繕工事を専門業者へ依頼するのが一般的です。
最も標準的な工事には建物の点検も含まれており、1世帯当たりの予算の相場は100万円程度です。確かに格安な会社もありますが、これまでの受注実績を重視して、高く評価されている業者を選ぶべきです。平均的なマンション大規模修繕工事の作業期間は2か月程度ですが、建物の構造や老朽化の状態によっては、更に長くなることもあります。特にタイル張りのマンションでは丁寧に点検する必要があるために、工期が3か月程度になることも多いです。前もって業者に見積もりを依頼したり、住民向けに説明会を開催すると、マンション大規模修繕工事の工期が長くても円滑に作業が行えます。
単に老朽化した部分を修繕するだけのプランもありますが、建物の設備を充実させる施工内容も人気があります。特に築20年以上の集合住宅の場合には、光ファイバーの敷設やエレベーターのリニューアルを伴うプランが好評です。

工期が短くて料金が割安なマンション大規模修繕工事業者の選び方

費用面の理由から居住者間の合意形成が進まないマンションでは、マンション大規模修繕工事を行わずに20年以上が経過する場合も多いです。しかし放置すると更に建物の劣化が進むので、近い将来居住不可能になる恐れもあります。
したがって居住者が納得してくれるように、施工費用が割安なマンション大規模修繕工事の専門業者を早期に見つけるべきです。特に自社ですべての作業を行う業者は、料金が相場よりも3割程度割安であり、工事期間が短いというメリットもあります。マンション大規模修繕工事の専門業者へ依頼する前に、様々な工事プランの見積書を精査するのがポイントです。足場を使った外壁塗装が最も代表的な施工内容ですが、着工前に建物の表面の劣化状況を点検することが重要です。特に直射日光が当たる場所や雨の影響を受けやすい箇所は、念入りに点検をした後で機能性の高い塗料で塗り直すべきです。施工箇所に合わせて塗料を使い分けてくれる業者を選ぶと、工事を依頼したマンションの居住者も安心です。
一方で建物の形状が個性的で特殊な工法が使われているときには、協力会社との連携に強い業者を選ぶ必要があります。経験豊富な職人たちが力を合わせることで、施工が難しい建物であっても、低コストで修繕工事が行えます。


なるべく費用を抑えたい方必見!マンション大規模修繕工事を任せるなら《ブランコマン》にお任せください!お客様に満足いただくことを第一に考える会社です!

post list

サポートが手厚い業者を活用したマンション大規模修繕工事

ひび割れたマンションの壁

老朽化が進んだマンションでは、水漏れやタイルの剥落などのトラブルが頻発します。その場合には緊急工事を専門業者へ依頼するべきですが、問題を抜本的に解決するためには、マンション大規模修繕工事を行う必要があります。サポートが丁寧な業者を継続的に活用すると、築3…

read

マンション大規模修繕工事は早めの計画が大切

作業員

マンションは建設からある程度の年数が経過すると修繕工事などを考える必要もあります。建物は年数とともに徐々に劣化し傷んでくる箇所も出てくるため、定期的な点検や修繕工事は避けられないものでもあるのです。マンション大規模修繕工事は10年から12年ほどの…

read

マンション大規模修繕工事をしない場合に考えられるリスク

説明をする作業員

分譲マンションの住人にとって大規模修繕な工事は高額な費用がかかるだけに、できれば工事をしないで済ませたいと考えている人は少なくないものです。実際に築10年以上を経過したマンションのおよそ3分の1は、過去に一度も大規模修繕工事を実施していません。頑丈な鉄筋…

read

マンション大規模修繕工事が12年と一般的に言われている理由

ビルと空の風景

マンションは定期的に修繕をしなければなりません。建物は年月が経てば劣化していくので、そのまま放置していると危険ですし、マンションの資産価値が下がってしまいます。修繕工事は専門業者に依頼することになりますが、どのくらいの期間でやるべきなのでしょうか。…

read